投資育成セミナー「ポスト平成時代の日本経済」

セミナー・研修案内 > 

ホーム > 

ページタイトル

更新日:2019.01.24

投資育成セミナー「ポスト平成時代の日本経済」

開催日 2019年04月15日(月)
開催時間 15:00~16:30
受講料 投資先企業:無料 / 一般企業:無料

申込み受付終了しました

【投資育成セミナー】 経営者・経営幹部必聴!!


    「ポスト平成時代の日本経済」

――――――――――――――――――――――――――――――――――― 

平成時代の日本経済は、バブル崩壊と不良債権問題にはじまり、デフレや少子高齢化社会などの問題を抱えたまま、まもなく終了し、新たな時代を迎えることになります。ポスト平成時代の日本経済は、どうなるのでしょうか。 
現在の日本経済は、米中貿易摩擦、消費増税、2020年東京オリンピック以降の建設需要減少などの懸念材料を抱え、先行き不透明感が増しています。本講演会では各種メディアで活躍されている吉崎 達彦氏により、日本・世界経済動向をわかりやすく解説していただきます。経営者、ビジネスパーソンのご参加をお待ちしております。

               記 

【日 時】2019年4月15日(月)15:00~16:30(受付開始14:30)

【講 師】吉崎 達彦氏
     ㈱双日総合研究所 チーフエコノミスト

【プロフィール】
1960年富山県生まれ。1984年一橋大学卒、日商岩井㈱入社。
広報誌『トレードピア』編集長、米ブルッキングス研究所客員研究員、経済同友会代表幹事秘書・調査役などを経て企業エコノミストに。日商岩井とニチメンの合併を機に2004年から現職。関心領域は日本経済、米国政治、外交・安全保障論など。
大阪経済大学客員教授、一般財団法人 国際開発センター理事、NPO法人 岡崎研究所理事、冠婚葬祭総合研究所客員研究員などを務める。

著書に『アメリカの論理』、『1985年』『気づいたら先頭に立っていた日本経済』(新潮新書)、『オバマは世界を救えるか』(新潮社)、『溜池通信 いかにもこれが経済』(日本経済新聞出版社)など。
産経新聞「正論」、北日本新聞「時論」、週刊ダイヤモンド「私のイチオシ収穫本」、東洋経済オンライン「市場深読み劇場」などに定期寄稿。
テレビ東京『モーニングサテライト』、文化放送『くにまるジャパン極』などでコメンテーターを務める。
ウェブサイト『溜池通信』(http://tameike.net )を主宰。
フジサンケイグループから第14回「正論」新風賞受賞。

【会 場】投資育成ビル8階ホール(渋谷区渋谷3-29-22)
 ・JR渋谷駅の埼京線ホームから新南口改札を出て、右へ2軒目のビル
・地図  http://www.sbic.co.jp/main/company/access.html

【受講料】無料


【募集案内】https://www.sbic.co.jp/exchange/190415.pdf


【問合せ】東京中小企業投資育成㈱ ビジネスサポート部 須永 
     TEL03―3499―0755 / FAX03―3499―0819

【申込み〆切り】4月12日(金) までに、ホームページからお申込み
いただくか、上記募集案内の受講申込書にある必要項目を
Eメール:gyoshi-seminar@sbic.co.jp へお送りください。
なお、本受講申込書のFAXによるお申込みもできます。

【受講票】本セミナーは、受講票等はございません。当日1階にて受付願います。
なお、受付開始時刻は、セミナー開始時刻の30分前からです。

以 上

空白
ページ上に戻る
空白